{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/4

ユーディト・ベック "ペットナット バンブル M" 2021 | Judith Beck "Pet-Nat Bambule M" 2021

4,400円

送料についてはこちら

20歳未満の飲酒は法律で禁止されています

【内容量 Net】750ml 【産地 region】オーストリア Austria /ノイジードラーゼー Neusiedlersee 【品種 variety】 ヴァイスブルグンダー Weissburgunder 90% ミュスカオットネル Muscat Ottonel 10%(手摘み Hand-picked) 【タイプ type】白・発泡 white, sparkling 【製造 vinification】 ノイジードラーゼ湖北岸近くのワイナリーでヴァイスブルグンダーとミュスカオットネルをブレンドしたメトードアンセストラルです。 プレス後ステンレスタンクで発酵し糖が残った状態で瓶詰めし、瓶内発酵・熟成しました。 This Metodo Ancestral is a blend of Weißburgunder and Muscat Ottonel from a winery near the northern shore of Lake Neusiedlersee. After pressing, the wine was fermented in stainless steel tanks and bottled with the sugar remaining, then fermented and aged in the bottle. \\from Importer インポーターコメント// 輝きのあるレモンイエローの外観、グレープフルーツや和梨、バナナの香り、柔らかな泡に、集中力のあるエキス。 トロピカルな果実の印象で、パパイヤやドライアップル、バナナやヨーグルトと感じます。 Bright lemon yellow appearance, grapefruit, Japanese pear and banana aromas, soft bubbles, concentrated extract. Tropical fruit impression, with papaya, dried apple, banana and yogurt. \\about Vigna 生産者について// Judith Beck ユーディト・ベック Neusiedlersee ノイジードラーゼー ノイジードラーゼのワイン生産地域は、大きく浅い鹹湖(かんこ=塩湖)であるノイジードラーゼ湖の北側~東側に位置しています。決められたブドウ畑のエリアは、北にあるワイン産出村ゴルスから、ハイデボーデンの平地を経て、ハンガリー国境に接するゼーヴィンケルの町まで延びてい ます。 果実味豊かで残糖のあるシュペトレーゼやアウスレーゼのスタイルで作られたワインを代表としたバランスのよい白ワインから、新世代のワイン生産者の手によるフルボディでなめらかな赤ワインまで、6,675haの畑でいろいろな品種が栄えています。そのうち1,812haにオーストリアで最も 多く植えられている赤ワインブドウ品種であるツヴァイゲルトが植えられています。 広大で独立した区画の畑に植えられたブドウは、長い日照時間を享受しています。暑く乾燥した夏と寒い冬を特徴とするパノニア気候の影響、そして広大な表面積のノイジードラーゼ湖と、ブドウ畑のあいだに点在する数えられないほどの小さな浅い鹹湖(かんこ=塩湖)がもたらす緩衝効果によって、ブドウ生育期間は引き延ばされます。 ノイジードラーゼ湖は中欧における最大のステップ湖で、局地気候に対し重要な役割を果たしています。広い水面は昼に温まり、ゆっくりと蓄えた熱を夜に放出します。夜間の若干の温度の低下はクールな果実味を育み必要な酸を保持します。これがこの産地のワインの特性に強く影響しているのはいうまでもありません。 ヴァイングート・ベックはゴルス村にある家族経営のワイナリーです。ブルゲンラント地方の北方、ノイジードラーゼ湖の北岸にあります。伝統的にこのあたりは小さな農家が点在・混在しており全ての農家がワインをつくっています。元々は色々な農業を兼業していましたベック家でしたが、1975年、マティアス・ベックは父から仕事を引き継いだ時にワイン造りのみにフォーカスさせました。5haから始まり、現在は15haまで畑は広がっております。  2001年、娘のユーディトがフランス、イタリア、チリでのワイン研修を終えて帰国したのを機に醸造責任者を彼女に任せます。2007年に彼女は完全に父からワイン造りの全てを引き継ぎ、畑をビオディナミ農法へ転換させていきます。 ビオディナミに転換以後、他者から見ても明らかにユーディトが畑と向き合う時間は極端に増え、畑との結びつきはどんどん深くなっていきました。彼女は伝統的な品種のツヴァイゲルト、ブラウフレンキッシュ、ザンクトローレント、ヴァイスブルグンダー、ヴェルシュリースリングを好みます。 ノイジードラーゼ湖の北岸にノイジードラーゼの銘醸地の一つ、1日中日照を得られるパルンドルファー台地がありますが、その急斜面区画とワーグラムという丘の頂上に、彼女の最も美しいブドウ畑があります。 パルンドルファー台地の土壌は極端に多様性があります。実際、あるシングルヴィンヤードは腐植土、砂利、ローム、石灰、鉱石からなり、理想的な複雑な土壌でありその土壌の多様性はワインによく表現されます。ナチュラルである事と独自の個性を持つ事、その両面を彼女は自分のワインに求めており、それゆえに彼女は2007年よりルドルフシュタイナーの考えに傾倒していきビオディナミ農法に畑を転換していきました。 以後、ブドウ樹を自然に健全に保つためにビオディナミ理論の実践によって彼女は総合的に畑をケアしていきます。それは人間に例えると、病にかかった患部を治療するだけでなく患者の精神のケア、改善にもメスを入れる事に似ています。具体的には畑の緑化、若返りであり、生物多様性を守ることであり、土を肥沃にしていくこと。そしてそれらの仕事はもちろん全て手作業で行われ、月のサイクルや自然の摂理を考慮にいれ実践されます。 その結果、ユーディト・ベックのワインは、全くリスクを負うことなく、何も添加せず自然酵母のみでの自発的な発酵を可能にしております。 『国際的なスタイルは世界各地でつくられている。私のワインは私自信であり、ここノイジードラーゼで産まれ生きているわ。それはまるで畑での私の日常のように、私にとって最も美しい事実なのよ。』 結婚し子供ももうけ、今は旦那さんのUlrich(ウルリッヒ)と共に2人3脚、家族と共に畑と向き合っています。 The Neusiedlersee wine-growing region is located on the north and east sides of Lake Neusiedlersee, a large, shallow brine lake. The defined vineyard area extends from the wine-producing village of Gols in the north, through the Heideboden plains to the town of Seewinkel on the Hungarian border. A variety of grape varieties flourish in the 6,675 ha of vineyards, ranging from well-balanced white wines, typically made in the Spätlese and Auslese styles with fruit and residual sugar, to full-bodied, smooth red wines made by a new generation of wine producers. Of these, 1,812 hectares are planted with Zweigelt, Austria's most widely planted red wine grape variety. Planted in large, independent plots, the vines enjoy long hours of sunshine. The growing season is prolonged by the influence of the Pannonian climate, characterized by hot, dry summers and cold winters, and by the buffering effect of the large surface area of Lake Neusiedlersee and the countless small, shallow brine lakes scattered between the vineyards. Lake Neusiedlersee is the largest steppe lake in Central Europe and plays an important role in the local climate. The large surface heats up during the day and slowly releases its heat reserves at night. The slight drop in temperature during the night helps to develop cool fruit flavors and retain the necessary acidity. Needless to say, this strongly influences the characteristics of the wines from this region. Weingut Beck is a family-owned winery located in the village of Gols. It is located on the northern shore of Lake Neusiedlersee in the northern part of Burgenland. Traditionally, the area is dotted with small farmhouses, all of which produce wine. Originally, the Beck family was involved in a variety of farming activities, but in 1975, when Matthias Beck took over from his father, he decided to focus exclusively on winemaking.  In 2001, his daughter, Judith, returned to Chile after completing her wine training in France, Italy, and Chile, leaving her in charge of winemaking. 2007, she completely took over all winemaking duties from her father and converted the vineyards to biodynamic farming. Since the biodynamic conversion, it is clear to others that Judith spends an inordinate amount of time in the vineyards, and her connection to the vineyards grows deeper and deeper. She prefers the traditional varieties Zweigelt, Blaufränkisch, St. Laurent, Weißburgunder, and Welschriesling. On the northern shore of Lake Neusiedlersee lies one of Neusiedlersee's best vineyards, the Palndorfer Plateau, which receives all-day sunshine, and her most beautiful vineyards are located on its steep slopes and atop a hill called Wagram. The soils on the Palndorfer Plateau are extremely diverse. In fact, one single vineyard is composed of humus, gravel, loam, lime, and ore, making it an ideally complex soil whose diversity is well expressed in the wines. She seeks both naturalness and character in her wines, which is why she became committed to Rudolf Steiner's ideas in 2007 and converted her vineyard to biodynamic viticulture. Since then, she has taken comprehensive care of her vineyards by practicing biodynamic theory in order to keep the vines naturally healthy. This is akin to a human being who not only treats the diseased part of the body, but also cares for and improves the mental state of the patient. Specifically, it is about greening and rejuvenating the fields, protecting biodiversity, and making the soil fertile. And of course, all of this is done by hand, taking into account the cycles of the moon and the natural order of things. As a result, Judith Beck's wines ferment spontaneously with no added risk, using only natural yeasts. 'International styles are made all over the world. My wines are my own, born and lived here in Neusiedlersee. It is the most beautiful fact for me, just like my daily life in the vineyards. Married with a child, she and her husband Ulrich now work together with their family in the vineyards.

セール中のアイテム