{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/3

ジェニファー エ ティボー "ピスティル” 2021 / Jennifer Bariou et Thibaut Bodet “Pistils” 2021

3,850円

送料についてはこちら

20歳未満の飲酒は法律で禁止されています

*おひとりさま一本までとさせていただきます。 【内容量 NET】750ml 【産地 region】フランスFrance / ロワール Loire 【使用品種 variety】シュナン・ブラン Chenin Blanc 100% 樹齢 40~50 年 【タイプ type】白 White 【醸造 vinification】 垂直式プレスでダイレクトプレス ステンレス発酵 ノンフィルター、ノンコラージュ SO2無添加 Direct pressing with vertical press Stainless steel fermentation Non-filtered, non-colage, no SO2 added \\about Vigneron 生産者について// Jennifer Bariou et Thibaut Bodet ジェニファー エ ティボー Loire / Touraine ロワール トゥーレーヌ コトー デュ レイヨン出身の笑顔が素敵なティボーさんと、ブルターニュ出身のシャイなジェニファーさんはワイン学校で知り合い、ニュージーランドやオーストラリアなどでもワインを学んだ後フランスへ戻り、2016年よりワインを造りはじめました。最初は2ha借り、2018年にもう6ha借り、今では9haにまでなっているそうです。2020年は14,000本を醸造、2021年は遅霜で60~80%減少してしまったそう。ここ数年の気候変動は確実に影響しているそうです。畑は20~60才のものが中心で、2018年からビオに転換しています。 シレックスの多い畑で、下はクレイ土壌、ミネラル感のすっきりのったトゥーレーヌらしいワインが造られます。SO2は基本いれたくないそうですが、2020年は暑かったので、赤の“Vignes d'Ys”と“Grolleau”には20mg/L入れています。(2021年はすべて無添加の予定) まだまだ走り始めたばかりの二人ですが、ワインは人気で在庫はほとんどなく、しかしどうしても日本に輸入したかったので、無理にお願いして、少しだけ分けて頂きました。 収穫前にお伺いした時、畑のブドウ(2022年8月)を食べさせてもらいましたが、素直に美味しいブドウでした。借りている畑の大家さんの地続きの同じ品種のブドウ(慣行農法)と味が全く違っていたのは驚きでした。手をかけて栽培し、美味しいブドウを造ることが一番大切なのだと再認識した旅となりました。 Thibault, a smiling man from Coteaux du Layon, and Jennifer, a shy woman from Brittany, met at wine school, and after studying wine in New Zealand and Australia, they returned to France and started making wine in 2016. At first they rented 2ha, then another 6ha in 2018, and now they are up to 9ha. 14,000 bottles were vinified in 2020, and in 2021 they had a 60-80% reduction due to late frost. He says climate change in the last few years has definitely had an impact. The vineyard is mainly 20~60 years old and has been converted to bio since 2018. The vineyard has a lot of Silex and clay soils underneath, which produces Touraine-like wines with a refreshing minerality. In 2020, it was hot, so 20mg/L was added to the red "Vignes d'Ys" and "Grolleau" wines (no SO2 in 2021). (In 2021, we plan to add no additives to any of the wines.) They are just starting out, but their wines are so popular that they have very little in stock, but they really wanted to import them to Japan, so we asked them to share some with us. When we visited them before the harvest, we were allowed to taste the grapes from the vineyard (August 2022), and they were honestly delicious. It was amazing to see that the taste was completely different from the same variety of grapes (conventionally farmed) from the landlord's land in the vineyard we rent. It was a trip that reminded us that the most important thing is to cultivate the grapes with care and produce delicious grapes.

セール中のアイテム