{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/3

ラ・ソルガ "ダンス・ド・サングイ・オー" 2021 / La Sorga "Danse de Saint Guy O" 2021

6,600円

送料についてはこちら

20歳未満の飲酒は法律で禁止されています

【内容量 content】750ml 【産地 region】フランス ラングドック Languedoc, France 【使用品種 variety】シュナンブラン Chenin Blanc 50%、シャルドネ Chardonnay 50% 【タイプ type】白, white 【土壌 soil】 リムー近郊カステルラン プディング(堆積岩土壌) Castellan Pudding near Limoux (sedimentary rock soil) 【醸造 vinification】 少量をダイレクトプレスし全房、手除梗した葡萄を40日間マセラシオン。澱と共にアンフォラ・ タヴァ(ワインのpHや酸度に影響を与えない唯一のアンフォラ)で10カ月熟成。 A small amount of grapes are directly pressed, whole clustered and hand destemmed, and macerated for 40 days. The wine is aged for 10 months on the lees in amphora tavas (the only amphora that does not affect the pH or acidity of the wine). \\from Importer インポーターコメント// 甘いスパイス、白い花、タルトタタンなど複雑な香り。味わいは豊かで石のようなミネラル、ベルガモットも感じます。 余韻に酸を感じるのは葡萄品種の特性よりも標高の高い畑に由来するも の。 Complex nose of sweet spices, white flowers, and tarte tatin. The palate is rich with stony minerality and bergamot. The acidity on the finish comes more from the high altitude vineyard than from the grape variety. \\about winery ワイナリーについて// La Sorga ラ・ソルガ Languedoc (Montagnac), France ラングドック (モンタニャック) / フランス 醸造家のアントニー・トルテュルは元々化学を専攻し化学者を目指していましたが、2001年にトゥールーズで起きた化学工場の爆破事故を機に近代化学に疑問を持ち、自然を尊重する農業の道に進むことを決意します。 その後南仏のベルジュラック、コルビエール、フィトー、シャトーヌフ・デュ・パプ等で6年間栽培や醸造を経験し2008年、若干25歳でネゴシアンとして独立しました。 「La Sorga」の名はオクシタン語の「La Source(泉)」に由来します。アントニーがワイナリーを所有する地域の名でもあることから名付けられました。 彼はネゴシアンながら買い付ける葡萄に対する拘りが非常に強く、樹齢は40~110年の非常に古い葡萄であること、収穫に立ち会わせてくれる畑、収量の低い畑、その土地の土着品種であること、日当たりが良く斜面の急な水はけの良い畑など、南仏、ローヌの各地へ自ら足を運び、厳選した約40軒の有機栽培農家から葡萄を(シャトーヌフ・デュ・パプやサンシニアン、ピック・サン・ルー、フォジェール、アルディッシュなどから)買い付けています。 また最近は、自社畑も購入しドメーヌとしてもワインを造り始めています。 醸造においては非常にシンプルで、赤ワインはマセラシオン・カルボニックで全房発酵(一部除く)、亜硫酸不添加、無清澄・無濾過。 白ワインはキュヴェにより低温発酵、常温発酵を使い分け亜硫酸不添加、無清澄・無濾過で瓶詰めをします。 最近のソルガ… 現在アントニーは右腕であるダヴィッドと共にワイン造りをしています。2017年にカーヴを引っ越し。2017年よりプレス機を新調。この機械によって、かなり豆のリスクが減りました。以前のプレス機ではプレス後、発酵の段階で既に豆が発生していましたが新しい機械を導入してからは発酵時の豆は感じなくなったと本人も大変満足の様子。 今後はソルガの良さはそのままに、さらに質の良い安定したワインが生産されるでしょう!今後のソルガに期待大です。 The vigneron, Antony Torture, originally studied chemistry and wanted to be a chemist. However, after the bombing of a chemical plant in Toulouse in 2001, he started to question modern chemistry and changed his career to agriculture that respects nature. After six years of cultivation and vinification experience in Bergerac, Corbières, Fiteaux, and Châteauneuf du Pape in the south of France, he became an independent négociant in 2008 at the age of 25. The name "La Sorga" comes from the Occitan word "La Source". It is also the name of the region where Antony owns the winery. Although he is a négociant, he is very particular about the grapes he purchases. He personally visits various vineyards in the south of France and the Rhône to ensure that the grapes are very old (40 to 110 years old), that he is allowed to witness the harvest, that they are low-yielding, of indigenous varieties, and that they are sunny and well drained with steep slopes, he purchases grapes (from Chateauneuf du Pape, Saint Chinian, Pic Saint-Loup, Faugères, Ardiche, etc.) from about 40 carefully selected organic growers. Recently, they have also purchased their own vineyards and started making wine as a domaine. The vinification is very simple, with whole cluster fermentation with maceration carbonic for the reds (except for some), no sulfites, no fining, and no filtration. White wines are bottled without adding sulfites, without fining, and without filtration, using either cold fermentation or room temperature fermentation depending on the cuvée. The recent La Sorga... Antony is currently making wine with his partner, David; they moved the caves in 2017; they have a new press since 2017. This machine has considerably reduced the risk of off-flavor. With the previous press, he sensed off-flavor already present during the fermentation stage after pressing, but since the new machine was installed, he does not feel it during fermentation, and he is very satisfied with the results. We have high expectations for the future of La Sorga.

セール中のアイテム