{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/3

アレクシス ヒュードン “ル グロスロット” 2022 | Alexis Hudon “Le Groslot” 2022

4,070円

送料についてはこちら

20歳未満の飲酒は法律で禁止されています

【内容量 NET】1000ml 【産地 region】フランスFrance / ロワール Loire 【使用品種 variety】グロローグリ Grolleau gris 75%, コロンバール Colombard 25% 買い葡萄 【タイプ type】白 White 【醸造 vinification】 ダイレクトプレス、グラスファイバー槽で発酵 SO2はプレス時に5mg/L、瓶詰め時に5mg/L Direct press, fermentation in fibreglass vats SO2 5 mg/L during pressing and 5 mg/L at bottling. \\from Importer インポータコメント// ピーチやライチの様なすっきりとしたさわやかな果実味で、酸もきれいに乗っていて、まだまだ暑いこの時期にもピッタリな1000mlです。 It has a clean, crisp fruitiness like peach or lychee, with a beautiful acidity, making it a perfect 1000ml for this still-hot season. \\about Vigneron 生産者について// Alexis Hudon アレクシス ヒュードン Domaine Montaillant ドメーヌ モンタイヤン Loire-La Charité ラ・シャリテ=シュル=ロワール モンタイヤンのアレクシスが2018年から造っているネゴスワイン。カリテプリなワインです。 カナダ人のアレクシスはソムリエだった。2014 年頃より収穫の手伝いを始め、その後パリで働いたり、2016 年からはジュラで3年間エスタジュをしたりして、2018 年にはネゴスワインを始めた。 その後奥さんとサンセールで出会い、結婚を機にここに移り住んできた。2020 年にモンタイヤントの畑6ha を借りることができ、パートナーのジュローム氏と一緒に、ここにドメーヌを誕生させた。もともとの畑のオーナーは1990年代にブドウを植えていたので、樹齢は25~30 年。サンセールというよりはブルゴーニュに近い土壌で、植えられている品種はシャルドネとピノノワール。畑の微細なミクロクリマにより、シャルドネはペットナットと白、赤は薄赤とクラシックなタイプに造り分けている。 畑仕事ではハーブ(西洋カノコ草など)の煎じ液を良く使い、ビオデナミの500 番、501 番なども使用する。葡萄の生育は健康そうで、新梢は切ってはいるが、切らないことも試してみたいと話してくれた。 醸造も試行錯誤の上、綺麗なタイプを目指している。発酵は目下セメント槽(内部塗装なし)とグラスファイバー槽を使用。初リリースの出来栄えは上々。 これからが楽しみな生産者です。 Alexis, a Canadian, was a sommelier; he started helping with the harvest around 2014, then worked in Paris and then in the Jura for 3 years as an estageur in 2016, before starting Negos Wines in 2018. He then met his wife in Sancerre and moved here when they got married; in 2020 he was able to rent 6 ha of vineyards in Montaillant and with his partner Jérôme, the estate was born here. The original owner of the vineyard planted vines in the 1990s, so the vines are 25-30 years old. The soils are closer to Burgundy than Sancerre, and the varieties planted are Chardonnay and Pinot Noir. The vineyard's fine microclimates allow the Chardonnay to be made into petunat and white, and the red into light red and classic types. In the vineyard work, they often use decoctions of herbs (such as western mushroom grass) and also use biodynamic No. 500 and 501. The grapes seem to be growing well, and although they are cutting the shoots, they would like to experiment with not cutting them at all. Vinification is also a process of trial and error, with the goal of achieving a clean type. Fermentation is currently taking place in cement tanks (no interior coating) and fiberglass tanks. The first release has been well received. We are looking forward to the future of the vigneron.

セール中のアイテム