{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/3

レ・ヴィーニュ・ド・ラトリ(エリーズ・ハマン)"ノール" 2021 | Elise Hamant – Les Vignes de l’Atrie "Nour" 2021

4,510円

送料についてはこちら

20歳未満の飲酒は法律で禁止されています

【内容量 Net】750ml 【産地 region】フランス France/ロワール Loire 【品種 variety】カベルネ・フランCabernet Franc 、グロロー Grolleau 【タイプ type】ロゼ・微発泡 rosé, sparkling \\from Importer インポーターコメント// やや淡いオレンジ色。熟した黄プラムやアプリコット、桃、さくらんぼ、りんごのコンフィチュールなど果肉感のある果実の香りに、ドライフラワーや甘草など甘やかな香りを持つドライハーブの複雑な印象、生花や茎、厚葉など清涼感を感じさせる仄かに青みがかった香りが加わります。 香りの落ち着いた様子に比べて、口に含むと果実の甘みやフルーティーで芳醇な果実味を強く感じ、微細なガスと共にふっくらと広がります。 円みを帯びた口当たりでアプリコットのような小気味良い酸が全体を支え軽快感があり、熟したさくらんぼやプラム、煮詰めたりんごなど充実感のある果実の甘やかな風味に、ドライハーブやドライフラワーなどのニュアンスが重なり深みや複雑性を感じさせます。 ジューシーな果実味と落ち着いた雰囲気が溶け込む味わいです。 Slightly pale orange colour. The aroma of fleshy fruit such as ripe yellow plums, apricots, peaches, cherries and apple confiture is accompanied by a complex impression of dried flowers, liquorice and other sweet-smelling dried herbs, as well as fresh flowers, stems and thick leaves, which give a cool, slightly bluish scent. Compared to the calmness of the aroma, the palate reveals a strong sense of sweet, fruity and mellow fruitiness, which spreads out plumply with fine gases. The rounded mouthfeel is supported by a light, apricot-like acidity, which gives the wine a sense of lightness, and the sweet flavours of ripe cherries, plums, stewed apples and other full fruits are layered with dried herbs, dried flowers and other nuances that give the wine depth and complexity. The palate blends juicy fruitiness with a calm atmosphere. \\about Vigneron 生産者について// Elise Hamant – Les Vignes de l’Atrie エリーズ・ハマン(レ・ヴィーニュ・ド・ラトリ) エリーズは約10年間に渡り農業に関った後、2018年にエゼネ(Aizenay)というナント市から南に約一時間下った町に唯一残されたレ・ヴィーニュ・ド・ラトリの葡萄畑4haを引き継ぎました。彼女は限りなく畑を自然な状態に近づけたいという思いから、既に2012年よりビオロジック農法で作業された畑を2018年から耕起作業は部分的にのみ行い、冬には畑に羊を放牧して動物に草刈りをさせ、同時に糞から有機物を畑に運ぶなどの工夫をしています。 土壌は花崗岩やシストと少しの雲母からなる、ローム土(粘土と砂の間のシルトが多い土)と砂質土が混ざり合ったテロワールで、品種はグロロー、ガメイ、カベルネフラン&ソーヴィニョン、シャルドネ、グロローグリを栽培。 春から夏にかけては一般的に使われる硫黄と銅の使用を極力抑え、代わりに肥料や煎じ薬、ハーブティー又はエッセンシャルオイルなどを使い自然なバランスを生む考えのもと葡萄の木や土壌のトリートメントを行います。 このように自然に大きなリスペクトを払う彼女のワインには人的介入を感じないどこか素朴な印象を受けます。醸造時も極力ワインに手を加えないところ、時には少しワイルドな味が出るものもあり、以前のグリオットを少し思い返すような生産者です。非常に残念ながら彼女は2021年ヴィンテージを最後にワイン造りを辞めてしまい、次のステップへと進む方針ですが、最後に彼女のワインを日本で紹介できる事を嬉しく思います。 After almost 10 years of farming, in 2018 Elise took over the only remaining 4ha vineyard of Les Vignes de Latry in Aizenay, a town about an hour south of the city of Nantes. She wants to keep the vineyard as close to its natural state as possible, so she has been plowing the vineyard, which has already been farmed biologically since 2012, only partially since 2018, and in the winter she grazes sheep in the vineyard and lets the animals cut the grass, while at the same time carrying organic matter from their droppings into the vineyard. The soil is a terroir of loamy soil (silty soil between clay and sand) mixed with sandy soil, consisting of granite, schist and a little mica, and the varieties grown are Grolleau, Gamay, Cabernet Franc & Sauvignon, Chardonnay and Grolleau Gris. From spring to summer, the vine and soil are treated with fertilizers, infusions, herbal teas, and essential oils to create a natural balance, while minimizing the use of sulfur and copper, which are commonly used. Her wines have a simple, unadulterated impression of the natural world. She does not touch her wines as much as possible during vinification, and some of her wines can be a little wild at times, reminding me a little of the Griotts of the past. Unfortunately, she will stop making wine after the 2021 vintage and will move on to the next step, but we are happy to be able to introduce her wines to Japan at the end.

セール中のアイテム