{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/3

ジョアン タバレス デ ピナ "キンタ ダ ボアビスタ ロゼ ルフィア" / João Tavares de Pina "Quinta da Boavista Rose Rufia" 2021

3,520円

送料についてはこちら

20歳未満の飲酒は法律で禁止されています

【内容量 content】750ml 【産地 region】ポルトガル, ダオン / Dão, Portugal 【品種 variety】ルフェテ(ティンタ ピニェイラ)60%、ジャエン40% 【タイプ type】ロゼ rosé 【栽培・醸造 farming/vinification】 ペナルヴァド・カステロ地域に位置する古い花崗岩と5億年前の海洋堆積物からなる粘土土壌。標高550mの南向きの13haの畑。樹齢は8年。 5Kgの箱単位で手摘み収穫。畑で選果後、さらに選別。除梗。1.20×1.5mのオープン型ステンレスタンクで7日間かけて自然発酵。 澱と共にバトナージュせずにステンレスタンクで8〜9ヶ月。マロラクティック発酵。ノンフィルター。 Clay soils composed of old granite and 500 million year old marine sediments located in the Penalvado Castelo region. 13 hectares of south facing vineyards at an elevation of 550 meters. The vines are 8 years old. Hand harvested in 5Kg box units. After sorting in the vineyard, the grapes are further sorted. Spontaneous fermentation in open stainless steel tanks (1.20 x 1.5 m) for 7 days. 8 to 9 months in stainless steel tanks without batonage on lees. Malolactic fermentation. Non-filtered. \\from Importer インポーターコメント// トマトの葉やハーブの香りが強く、ベリー系の果実味とバランスのとれたワインに仕上がっている。ガストロノミックワイン。 The wine has a strong nose of tomato leaves and herbs, balanced with berry fruit. Gastronomic wine. \\About Vigneron 生産者について// ジョアン・タバレス・デ・ピナ João Tavares de Pina ジョアン・タバレス・デ・ピナは、何世代にもわたって守られてきた家族の⼟地で、Dão(ダオン)のテロワールを純粋に表現することに焦点を当てている。 美しい花崗岩の⾕にあり、より多くの粘⼟地帯のある森に囲まれている彼の農場はペナルヴァ・ド・カステロの標⾼500メートルに位置する40ヘクタールのうち13ヘクタールにブドウが植えられており、畑ではジャエン、ルフェテ、トウリガナショナルの⾚ブドウと、⽩ブドウのエンクルザード、シリア、ビカルが育ち、彼によって特別に植えられた若いブドウ畑では、絶滅しかけていた幾つかの地元の品種を⽣き返らせている。そしてブドウ園では、ジョアンは環境再⽣型農業を⾏う。 ⽇本で⾃然農法で知られる福岡正信さんのやり⽅と同じ農法である。⼟を耕さず、⼟壌の栄養素を⾼めることで、彼の葡萄畑は様々な種類の草や⾃⽣の花で覆われている。菌やその他の病気から防ぐためにカモミールやラベンダー。様々な花の花粉は湿った春にブドウの⽊を保護する役割を担う。 ブドウの⽊はオーク、松、ユーカリに囲まれていて、様々な⿃、ミツバチ、テントウムシが、そして⼟壌にはアリやミミズが⽣息する。有機化合物以外のものは全く使⽤せず、有機栽培で葡萄を育てる。 ⼟壌は花崗岩と、ごくわずかに粘⼟⼟壌、そして⾮常に古い海洋堆積⼟壌を併せ持っている。 ブドウにとって、環境にとっていいことを⾃分の⽬や⽿で確かめ、知識を深め、それを実⾏してきた彼だからこそ造ることができるワイン。それはとても⾃然的で、ピュアで、美味しい、活⼒あるワインとなっている。 João Tavares de Pina focuses on the pure expression of the Dão terroir on family land that has been protected for generations. Located on beautiful granite slopes and surrounded by forest with more clay soil, his farm is situated at 500 meters altitude on Penalva do Castelo, with 13 hectares of the 40 hectares planted to vines. The vineyards are planted with red grapes from Jaen, Rufete, and Torriga Nacional, and white grapes from Encruzado, Cilia, and Bical, and he has planted a special young vineyard where several local varieties that were nearly extinct are being revived. In the vineyard, João practices environmentally regenerative agriculture. This is the same method used by Masanobu Fukuoka, a well-known Japanese autochthonous farmer. By not tilling the soil and allowing the nutrients in the soil to grow, his vineyards are covered with a variety of grasses and autochthonous flowers. Chamomile and lavender for protection against fungus and other diseases. Pollen from the various flowers serves to protect the vines in the wet spring. The vines are surrounded by oaks, pines, and eucalyptus, and are inhabited by a variety of birds, bees, and ladybugs, as well as ants and worms in the soil. The grapes are grown organically, using nothing but organic compounds. The soil is a combination of granite, a little clay, and very old marine sedimentary loam. He has been able to make wines only because he has tried to see with his own eyes and ears what is good for the grapes and the environment, deepened his knowledge, and then implemented it. The wines are very natural, pure, tasty, and vibrant.

セール中のアイテム