{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/3

Fabrice Chaillou "Grinadine" 2021 / ファブリス・シャイユー "グリナディーヌ" 2021

3,630円

送料についてはこちら

20歳未満の飲酒は法律で禁止されています

【内容量 content】750ml 【産地 region】フランス France/ロワール Loire 【品種 variety】グロロー・グリ Grolleau Gris 100% 【タイプ type】ロゼ Rose \\from Importer// 仄かにオレンジがかった淡いピンクの色合い。さくらんぼのコンポートやグレナデン、桃、赤いプラム、グァバなどり高い可憐な果実の香りに、バラのようなアロマティックな印象が加わります。 瑞々しく軽快な飲み心地で、舌先を一瞬かすめるガスがあたり若々しさを想わせながら、優しい果実の甘みとさくらんぼのコンポートなどの果実味が一体となり広がります。 華やかで愛らしい熟した果実の風味にコリアンダーやカルダモンなどの爽やかなスパイスのニュアンスが感じられ、馴染みやすいフルーティーな味わいに抑揚を与えています。 The wine has a pale pink hue with a hint of orange. The aromas of cherry compote, grenadine, peaches, red plums, guava, and other high, pretty fruits are accompanied by aromatic impressions such as roses. The wine is fresh and light, with a hint of gas on the tongue that reminds one of youthfulness, while the gentle sweetness of the fruit and fruitiness of cherry compote and other fruits come together and spread out. The wine's gorgeous, lovely, ripe fruit flavors are complemented by fresh spice nuances such as coriander and cardamom, giving the wine a familiar, fruity flavor profile. \\about Vigneron 生産者について// レ・ヴィーニュ・ド・ババスのセバスチャン・デルヴューとは同じ村に住んでおり、中学時代からの友人です。収穫などの季節労働をしているうちに、少しづつ葡萄栽培と醸造に興味をもつようになり、ジョー・ピトンのところで15年間働き、有機栽培を間近で見ながら栽培長として活躍しました。葡萄畑の仕事をきっちり行い土が生きるようにすることが大切で、その結果が良いワインに繋がるということを学んだと語っていました。 1995年に奥さんのローレと醸造学校で知り合い、1997年に1樽のワインを二人で造ったのが一番最初です。その後、ジョーピトンのところで働きながら、手入れの行き届いていなかった16areaの古い区画を2002年に購入し、2〜3年畑を休ませてから葡萄を植え、自家用のワイン造りをしていました。2016年が生産者として自分達のワインを造ったスタートの年となります。2019年まではブルノー・ルヴォワのところで週3日働きながら自社の仕事を並行して行っていました。彼は有機栽培の人ではないですが、昔からの友人でファブリスのことをよく知っており、彼のことを考えて農薬散布などの薬に関わる仕事は一切させませんし、農薬を撒いた後にはファブリスの畑に入らないように気をつけてくれたりと気を遣ってくれます。ブルノーが短時間で働いてくれる人を探していたため仕事を手伝っていましたが、2020年にガレージから新しいカーヴへ移り現在は自分の畑と醸造のみに専念しています。 これまで所有していたサンロンベールの0.5haの2区画に加え、2018年には新たにロシュフォールに約10年の若い樹齢のものから約100年の樹齢までのシュナン・ブランで構成される4〜5区画の1.2ha、更に2019年にサンロンベールに約1haのガメイ、グロローなどの畑を借り、現在トータル2.6haとなっています。今後の彼らのワイン造りに大いに期待が高まります。 He lives in the same village as Sebastien Delveu of Les Vignes de Babas and has been friends with him since middle school. While doing seasonal work such as harvesting, he gradually became interested in viticulture and winemaking, and worked for Joe Piton for 15 years as a head grower, seeing organic farming up close. He said he learned that it is important to do the right work in the vineyard so that the soil can survive and the result will be good wine. In 1995, he met his wife Lore at oenology school, and they made their first barrel of wine together in 1997. They have been working for Joe Piton since then, and bought an old 16-area parcel in 2002 that had not been well cared for, resting the vineyard for a couple of years before planting grapes and making wine for their own use. 2016 was the start of making their own wine as producers. Until 2019, I was working at Bruneau-Levoie's place 3 days a week while working on our own business at the same time. He's not an organic farmer, but he's an old friend and knows Fabrice well. He doesn't let him do any work that involves pesticide spraying or other medicines, and he's very careful not to go into Fabrice's vineyard after spraying pesticides. In 2020, he moved from the garage to a new cave and is now focusing solely on his own vineyards and vinification. In addition to the two 0.5 hectare parcels in St. Lombard that they previously owned, in 2018 they added a new 1.2 hectare parcel in Rochefort consisting of 4-5 parcels of Chenin Blanc ranging in age from about 10 years young to about 100 years old, and in 2019 they leased about 1 hectare of vineyards in St. Lombard including Gamay and Grolleau. In addition, in 2019, they will lease a 1 hectare vineyard in St. Lombard for Gamay, Grolleau, etc., bringing their total vineyard size to 2.6 hectares. We have high expectations for their future winemaking.

セール中のアイテム